派遣の仕事「明日から行かない」ってあり?電話やメールで伝えてもいい?追い詰められた時の対処法

仕事の悩み

 

派遣の仕事が辛い!

明日から行かないってあり?

あなたはこんな風に辛い思いをしていませんか?

「もう明日から行きたくない」と思うくらいに追い詰められていませんか?

 

この記事では、「派遣の仕事にもう行きたくない!」と思っているあなたに、退職する際の注意点やポイントをお伝えします。

カノン
カノン

あなたがこれからどう行動したら良いかがわかるので、きっと気持ちも軽くなりますよ♪

派遣の仕事「明日から行かない」ってあり?注意点を解説

まずは、派遣の仕事に明日から行かないのはありかなしか?

という疑問にお答えします。

 

結論としては、「明日から行かないのはあり」です。

ただし、いくつか注意点があるので、下記をご覧ください。

 

契約期間中は原則退職NG!ただしやむを得ない事情があれば可能

労働契約に適法な契約期間の定め(原則として3年以内。厚生労働省が定める高度な専門職や満60歳以上の労働者については5年以内。)がある場合、原則として労働者はその期間中、一方的に退職することはできません

このように、派遣社員は原則として契約期間の途中で退職することはできないんですね。

ただし、やむを得ない事情があれば契約期間中でも退職はできます

カノン
カノン

「やむを得ない事情」については、記事の続きで詳しくご説明しています。

 

「やむを得ない退職理由」を考えておくことが必要

「やむを得ない事情」かどうかの判断は各企業に任されています。

カノン
カノン

仕事を続けることができない退職理由を考えておく必要がありますね。

代表的な「やむを得ない事情」は下記です。

  • けがや病気・心身の不調で就業不能となった場合
  • 家族等の介護が必要となったり家庭の都合

 

ちなみに、就業開始から1年以上経過していれば、例外として申し出によりやむを得ない事情がなくてもいつでも退職できますよ。

カノン
カノン

詳しくは、厚生労働省のページをご覧ください。

次の派遣先を紹介してもらえなくなる可能性がある

契約途中で辞めた場合は、次の派遣先を紹介してもらえなくなる可能性がありますので注意しましょう。

カノン
カノン

契約途中での退職は慎重に考えましょう。

電話やメールで退職を伝えてもいい?

退職の連絡は、メールや電話でもいいの?

次に、派遣の仕事を辞めたいときの伝え方について解説していきます。

 

できれば直接話をした方がいい

派遣会社の担当者に直接会って話をするのが一番良い方法ですよね。

会う機会があるのであれば、そのときに伝えるようにしましょう。

 

なかなか会えない場合は電話で伝える

口頭でお話しすることが最優先。

ですが、直接会うことが難しい場合はメールや電話で伝えるのもありです。

 

しかし本来は直接話すのが一般的な常識。

事情をしっかり伝えて、直接話せないことをお詫びしましょう。

 

どうしても無理ならメールで事情を説明する

どうしても難しいならメールで事情を説明することもできます。

 

ただ、文字で伝えるのは難しい部分もありますよね。

そんな時は、「お話があるので、お時間を取っていただけませんか?」と送ってみるのも良いですね。

 

「派遣の仕事が辛い!」と感じた時の対処法

「派遣の仕事が辛くて行きたくない!」

と感じた時の対処法をご紹介します。

 

派遣先の変更をお願いしてみる

「今の仕事が合わない」「辛くて続けられない」

こんな風に感じているなら、派遣先を変えてもらうよう相談してみるのも良いですね。

 

「どうしても合わない!」というのは誰にでもあり得ること。

カノン
カノン

悪いことでも何でもないですよ。

別の部署や職場に変更することを検討してもらえるかもしれないので、ガマンせずに担当者に話してみてくださいね。

 

違う仕事を担当させてもらえないか相談する

「職場自体は嫌じゃないけど、どうしても仕事内容が合わない!」

ということもありますよね。

 

そんな時は、別の仕事や作業の担当に変更できないか相談してみると良いですよ。

「こっちの仕事でもいいですよ」などの案をもらえる可能性があります。

カノン
カノン

まずは派遣会社の担当者に相談してみよう!

担当者に悩みを正直に話してみる

困ったり悩んだりした時は、まずは担当者に正直に話してみましょう。

あなた一人で悩むより、担当者に正直に伝えたほうがスムーズに事が運ぶ可能性がUPしますよ。

カノン
カノン

辞めることを決める前に、どんな小さなことでも遠慮せずに気軽に相談しましょう。

新しい派遣会社から仕事を探す

もし担当者に相談をしても力になってくれない場合は、別の派遣会社を利用してみるのも手です。

カノン
カノン

いろんな派遣会社を利用して、自分に合う場所を見つけていきましょう。

派遣であってもバックレはNG!退職の意思は伝えた方が良い

「明日にでも仕事を辞めたい!」と思っても、バックレはNGです。

カノン
カノン

派遣会社も派遣先の会社も巻き込んで、トラブルが大きくなるからオススメできない!

ここからは、退職の意思は伝えて辞めたほうが良い理由をお話しますね。

 

バックレは派遣会社にも派遣先にも迷惑

急に辞めるのは職場に大きな迷惑がかかるだけでなく、契約違反にもなってしまいます。

 

バックレの場合は連絡なく職場に来なくなるので、あなたが辞めたのか?休んでるだけなのか?判断ができないので、しばらく待ってしまうんですね。

カノン
カノン

あなたが来るかもしれないので、新しい人を入れることもできません。

 

その結果、会社に損害が発生してしまうと、あなたの責任を問われることにもなりかねません。

「もう行きません」という意思表示をするためにも、必ず退職の意思は伝えるようにしましょう

 

退職後に必要な書類がすぐにもらえないなど面倒

退職後は、いろいろな書類をもらうことになりますが、バックレてしまった場合はもらうまでに時間がかかってしまいます。

 

そうなると、失業手当の手続きもできないなど困ったことが起きるので注意しましょう。

自分で言えないなら退職代行サービスもある

退職の意思は必ず伝えましょう。とお伝えしました。

 

でも、「『明日から行かない』なんて自分からは言いにくい!」と思いますよね?

そんな時は、退職代行サービスの利用がオススメです。

退職代行って?

カノン
カノン

退職代行とは、本人の代わりに会社へ退職を伝えてくれるサービスのことです。

退職代行のメリットは以下の通りです。

  • 退職の意向を伝えなくて済むので、気持ちがラク。
  • 職場の人と顔を合わせなくて済む。
  • 退職の連絡を入れてもらった時点から出勤しなくていい。
  • 引き止められて辞めにくくなることを防げる。

 

退職するのに職場の人と顔を合わせる必要がないので、かなり気持ちが楽になること間違いなしです。

「辞めたいけど退職を言い出しにくい!」と思っているのなら、精神的にも楽になるので、退職代行を検討してみましょう。

 

代行費用を払っても、職場とのやりとりなく、嫌な思いをせずに退職できるなら安いもの

退職代行サービスでは、有給を消化したいことや退職日まで出勤できないことも伝えてもらうことができます。

 

退職代行を利用したその日からもう出勤しなくて良くなるので、精神的に追い詰められている人にこそ使って欲しいサービスです

カノン
カノン

急な依頼でも、できる限り早く対応してもらえますよ。

実績と信頼のあるおすすめの退職代行サービスは、こちらにまとめていますのでご覧ください↓

【2022年版】退職代行サービスおすすめ7選!弁護士・労働組合・老舗が人気
おすすめの退職代行サービスを、種類(弁護士、労働組合、一般企業)別にそれぞれ紹介しています。良いサービスの中から選びたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね。あなたにピッタリの退職代行サービス選びのお手伝いができたら嬉しいです。

 

▼おすすめの退職代行サービスはこちら▼

迷ったら人気ナンバー1の「退職代行SARABA」に無料相談!

1位退職代行SARABA

【人気ナンバー1!24000円で24時間対応】
有給消化・残業代請求も可!損害賠償請求にも対応

2位退職代行ガーディアン

【東京都労働委員会が認証する安心サービス】
労働組合法人があなたを守る!

3位退職代行ニコイチ

【累計2万人以上の圧倒的な成功実績!】

実績豊富で退職成功率100%!2万人以上の退職成功!

 

上記の退職代行サービスは、LINEで無料相談ができます。

相談だけで料金が発生することはないので安心ですよ。

LINEで繋がっておけばすぐに連絡が取れるようになるので、「いつでも辞められるんだ」と気が楽になります

 

カノン
カノン
気になることや質問は、LINEで気軽に聞いてみましょう♪

相談は無料です!

退職代行SARABAなら派遣・契約社員も辞められる!注意点解説
退職代行SARABAなら派遣社員も辞められる?という疑問にお答えしています。SARABAの手続きの流れや、派遣社員がSARABAを利用するときの注意点についても詳しく解説しているので参考にしてみてくださいね。

 

まとめ

この記事では、「派遣の仕事に明日から行かないってあり?」という疑問にお答えしました。

 

大切なポイントをもう一度振り返っておきましょう。

  • 契約期間中はやむを得ない事情ない限り退職できない
  • 就業開始から1年以上経過していればいつでも退職できる
  • 悩みは担当者に相談してみよう
  • 退職を言いにくい場合は退職代行サービスもあり

 

辛さは一人でガマンしないでくださいね。

カノン
カノン

本記事があなたの力になれればうれしいです。

あわせて読みたい

カノン
カノン

あなたの小さな一歩をお手伝いするサービスをご紹介しました。

▼おすすめの退職代行サービスはこちら▼

【2022年版】退職代行サービスおすすめ7選!弁護士・労働組合・老舗が人気
おすすめの退職代行サービスを、種類(弁護士、労働組合、一般企業)別にそれぞれ紹介しています。良いサービスの中から選びたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね。あなたにピッタリの退職代行サービス選びのお手伝いができたら嬉しいです。

 

▼もう耐えられない!今すぐ辞めたい人はこちら▼

【退職代行】当日の朝でも間に合う業者5選。今日から出社したくない!
今日から出社したくない!そんな時に使える退職代行サービスを紹介します。当日の朝でも間に合う退職代行サービス業者はどれ?と悩んでいる人には必見の内容です。当日の朝に退職代行を依頼するときの注意点もまとめているので、参考にしてみてくださいね。

 

▼おすすめ転職サイトランキングはこちら▼

【2022年最新版】20代向け転職サイト・エージェントおすすめランキング【あなたにもぴったりのものが見つかる!】
20代におすすめの転職サービスをまとめてご紹介します。まだ社会人経験が浅くスキルも少ない20代にとっては、転職サービスを使った方が有利な転職ができます。ここで紹介するサービスは全て無料なので、使わない手はないですよ。

 

退職後の生活費が不安な方へ

退職後、条件に当てはまれば給付金を受け取れる可能性があります。

退職後のお金が不安な方や休養が必要な方は、こちらの記事をご覧ください。

 

【退職コンシェルジュ】最大28ヶ月分の給付金が受け取れるって本当?
退職コンシェルジュって何?最大28ヶ月分の給付金が受け取れるって本当?こんな疑問に分かりやすくお答えしています。給付金が長期間受け取れるかどうかで、退職後にしっかり療養できるかどうかが全く変わってきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事

【退職代行に関する記事まとめ】退職代行使って大丈夫?どれを選ぶ?
ここでは、「退職代行使って大丈夫?」「どれを選んだら良い?」など、退職代行に関する記事をまとめてみました。気になる記事を読んでみてくださいね。
【退職に関するお悩みまとめ】仕事辞めたい!辞めにくい!辞められない!?
退職に関するお悩みのまとめ記事です。「仕事辞めたい!」「辞めにくい!」「辞められない!?」こんなお悩みを解決する記事を集めてみました。

 

タイトルとURLをコピーしました