退職の3ヶ月前までに申し出る!?長い期間待てない時の対処法【今すぐ辞めたい】

退職の悩み

 

退職の3ヶ月前までに申し出るって早くない?

辞めるまでの期間が長いのは困るな・・・

  • 3か月切ってるから、〇月までに辞められないの?
  • 転職先に“2ヶ月後から働ける”と言っちゃったのに…

あなたは、こんな風に悩んでいませんか?

 

退職の申し出時期は就労規則などで定められていることもありますが、それより短い期間だと辞められないのかと、焦ってしまいますよね。

特に、転職先が決まっている場合は、新しい職場との兼ね合いもあるので困りますよね。

そこで、この記事では、退職の3ヶ月前までに申し出るのが「長い」と感じるときの対処法についてお話します。

カノン
カノン

この記事でお伝えする内容はこちら。

  • 退職3ヶ月前までに申し出が必要!?期間が長い理由は?
  • 本当に3ヶ月経過しないと辞められないの?一般的な期間は?
  • 3ヶ月も長い!待てない!その理由は?
  • 今すぐ辞めたい時の対処法

 

この記事を読むことで短期間で新しい道へ進む方法がわかるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

退職3ヶ月前までに申し出が必要!?期間が長い理由は?

カノン
カノン

辛い思いをしているから辞めたいのに、3ヶ月我慢するのは、とてもキツイですよね…。

ここからは、退職の申し出から実際に退職するまでの期間が長い理由について、みていきましょう。

 

退職の承認を得る期間が必要

退職の申し出をするのは、直属の上司になると思います。

上司に話をしてから、社長などの役職がある人たちに承認を得るまで、時間がかかる場合があります。

 

またそこから経理などで有休の確認や、退職金の計算が始まります。

具体的な金額を算出するため、期間が必要になってくるんですね。

 

代わりの人員確保のため

あなたが退職した後

・仕事を誰が引き継ぐのか

・それに伴い人員配置を変えるのか

・新しい職員を入れるのか

などの、調整が必要になってきます。

 

会社はそれらを考えるのに、時間がいりますね。

 

引き継ぎに時間がかかるから

あなたの後任が決まってから

・担当業務の現在の進行状況

・担当のお客様情報

・今まで決まっている方向性

などを、引き継ぎます。

 

特に、お客様の引継ぎがある場合はお客様の信用にも関わるので、時間をかけて進めていく必要がありますね。

「○○様は××が苦手で~」

など、細かい情報も後任へ伝える必要があるので時間がかかるんですよね。

 

有休消化の日数が必要だから

いま持っている有休を、退職時にまとめて使いたいですよね。

 

有休が〇〇日あるから、公休併せたら1ヶ月分以上あるなー

キチンと有休の日数を計算してみないと、希望退職日をオーバーしてしまうこともあります。

有休をキッチリ使い切るためにも、期間に余裕があると安心ですね。

カノン
カノン

有給の残日数を早めに確認しておくと安心♪

本当に3ヶ月経過しないと辞められないの?一般的な期間は?

3ヶ月も退職までの期間があるのって普通?

退職までの期間は、会社ごとに違っています。

他の会社はどれ位なのでしょう?

 

ここからは、一般的な退職までの期間をお話していきます。

 

退職1〜3ヶ月前の申し出が一般的

大体の会社は、1~3ヶ月前に退職の申し出をするようになっています。

カノン
カノン

円満退社を望むなら、就業規則に沿って退職を申し出るのが賢明ですね。

ですが、就業規則はあくまで“会社からのお願い”のようなもの。

就業規則で定めている期間を過ぎても、退職することはできますよ。

 

民法上は2週間前で退職可能(正社員の場合)

カノン
カノン

民法627条 1項には、このように記されています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。

この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

要するに、契約期間が決まっていない(正社員など)の場合、いつでも退職の申し入れをすることができるということが記載されています。

法律的にも、労働者は自由に退職する権利があるので安心してくださいね。

カノン
カノン

あなたには辞める権利が認められているんですよ。

民法は会社の就業規則より優先されます。

 

つまり民法上では、会社員の場合いつでも退職を申し出ることができ、2週間後には退職できることになっています。

 

3ヶ月も長い!待てない!その理由は?

退職届けを3ヶ月前までに提出というのは、確かに早い気がしますよね。

早く辞めたい場合もありますしね。

 

ここからは、辞めるまで3ヶ月待つのがしんどい理由をみていきましょう。

 

辞めると伝えた後の期間が気まずい

退職が決まると、同僚や先パイ達から質問攻めにあうことがありますよね。

 

「なんで辞めるの?」「転職先は決まってるの?」

など、あれやこれや聞かれて困りますよね。

 

「あなた、退職するんだってね〜」と冷たく言われるなど、気まずい思いをするのが辛いという人もいます。

 

次の会社への転職が決まっている

転職先が決まっている場合

「新しい会社で、早く働きたいのに…」

と思いますよね。

 

転職先への期待感もあって、現在の仕事へのモチベーションを保つのが大変なのも、正直なところですよね。

 

今の職場が嫌でもう耐えられない

現在の職場が嫌で退職する場合

「あと3ヶ月も出社するのか…」

と、気が重いですよね。

 

  • 顔を会わせたくない上司
  • 一緒に働くのがキツい先パイ

など、会社にいるのがしんどいから辞めたいのに、「あと3ヶ月もかかるのか」と思うと憂うつで仕方ないですよね…。

 

今すぐ辞めたい時の対処法

自分の身体面やメンタル面で退職する場合、3ヶ月は長すぎますよね。

「この3ヶ月で、更に調子が悪くなったら…」と思うと、不安が増しますよね。

 

そんなあなたのために、ここからは、今すぐ辞めたい時の対処法をご紹介します。

カノン
カノン

「早く会社を離れたい!」と思っているなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

上司に早く辞めたい事情を説明する

「仕事をするには、身体がしんどい…」

「残業ばかりで、身体がもたない」

「先パイと仕事するのが、毎日ツライ…」

 

早く辞めたい理由は、各々あると思います。

早く辞めたい旨を、正直に上司に伝えてみましょう。

きちんと説明すれば、会社も配慮してくれかもしれないので、諦めずかけ合ってみてくださいね。

 

早く相談することで、会社側も有休消化も含めて調整しやすくなります。

カノン
カノン

なるべく早く相談しましょう♪

退職代行サービスを利用する

「もう出社するのが辛すぎて、明日にでも辞めたい」

「できる限り早急に退職したい」

ここまで出社することが負担に感じているなら、退職代行サービスを利用してみるのは、どうでしょう。

 

退職代行とは、あなたが退職したい旨を代わりに伝えてもらえるサービスです。

このサービスなら、連絡を入れてもらった時点からもう出勤する必要がなくなります。

 

カノン
カノン

退職代行で辞めるメリットはこちらです。

  • 退職の意向を伝えなくて済むので、心理的負担が減る。
  • 職場の人と顔を合わせなくて済む。
  • 退職の連絡を入れてもらった時点から出勤しなくていい

退職するのに職場の人と顔を合わせる必要がないので、かなり気持ちが楽になること間違いなしです。

「絶対に引き止められずに辞めたい!」「気まずい空気には耐えられない」と思っているのなら、精神的にも楽になるので、退職代行を検討してみましょう。

 

代行費用を払っても、職場とのやりとりなく退職できるなら安いもの

退職代行サービスでは、有給を消化したいことや退職日まで出勤できないことも伝えてもらうことができます。

 

退職代行を利用したその日からもう出勤しなくて良くなるので、精神的に追い詰められている人にこそ使って欲しいサービスです

急な依頼でも、できる限り早く対応してもらえますよ。

実績と信頼のあるおすすめの退職代行サービスは、こちらにまとめていますのでご覧ください↓

【2022年版】退職代行サービスおすすめ7選!弁護士・労働組合・老舗が人気
おすすめの退職代行サービスを、種類(弁護士、労働組合、一般企業)別にそれぞれ紹介しています。良いサービスの中から選びたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね。あなたにピッタリの退職代行サービス選びのお手伝いができたら嬉しいです。

 

▼おすすめの退職代行サービスはこちら▼

迷ったら人気ナンバー1の「退職代行SARABA」に無料相談!

1位退職代行SARABA

【人気ナンバー1!24000円で24時間対応】
有給消化・残業代請求も可!損害賠償請求にも対応

2位退職代行ガーディアン

【東京都労働委員会が認証する安心サービス】
労働組合法人があなたを守る!

3位退職代行ニコイチ

【累計2万人以上の圧倒的な成功実績!】

実績豊富で退職成功率100%!2万人以上の退職成功!

 

上記の退職代行サービスは、LINEで無料相談ができます。

相談だけで料金が発生することはないので安心ですよ。

LINEで繋がっておけばすぐに連絡が取れるようになるので、「いつでも辞められるんだ」と気が楽になります

カノン
カノン
気になることや質問は、LINEで気軽に聞いてみましょう♪

相談は無料です!

 

▼人気の退職代行「ガーディアン」に相談する▼

 

「退職代行ガーディアン」のサービス内容や利用の流れなど詳しいことは、こちらの記事をどうぞ↓

退職代行ガーディアンの特徴。利用の流れ・対応時間は?【弁護士との違い】
退職代行ガーディアンの特徴と利用の流れを解説します。退職代行には、弁護士、組合、一般企業のものがあるけど、どう違うの?ガーディアンの特徴は何?という疑問にわかりやすくお答えしています。信頼できる退職代行の選び方を知りたい人は必見です。

 

上司に会わず確実に会社を辞められるサービスですので、前向きに考えてみてくださいね。

会社と直接やりとりすることもないので、精神的負担もグッと軽くなりますよ。

カノン
カノン

あなたが傷つかずにいられることが1番大切ですよ。

まとめ

この記事では、退職3か月前までに申し出るのが長い!と感じたときにできるだけ早く辞めるための方法などについて解説しました。

 

一般的に退職の申し出は1〜3ヶ月前ですが、民法上は2週間前の申し出で退職可能。

民法の方が優先されるので、就業規則をそこまで意識しなくて、大丈夫ですよ。

 

カノン
カノン

「もう、今すぐ会社を辞めたい!」

と考えているなら、こちらの対処法を試してみてください。

  • 上司に早く辞めたい事情を説明する
  • 退職代行サービスを利用する

 

特に退職代行サービスは、できるだけ早く退職できるように動いてくれるサービスなので、きっとあなたの力になってくれますよ

LINEで気軽に相談してみるといいですよ。

カノン
カノン

最後までお読みいただきありがとうございました♪

この記事が、あなたのスムーズな退職の手助けになると嬉しいです。

あわせて読みたい

カノン
カノン

あなたの小さな一歩をお手伝いするサービスをご紹介しました。

▼おすすめの退職代行サービスはこちら▼

【2022年版】退職代行サービスおすすめ7選!弁護士・労働組合・老舗が人気
おすすめの退職代行サービスを、種類(弁護士、労働組合、一般企業)別にそれぞれ紹介しています。良いサービスの中から選びたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね。あなたにピッタリの退職代行サービス選びのお手伝いができたら嬉しいです。

 

▼もう耐えられない!今すぐ辞めたい人はこちら▼

【退職代行】当日の朝でも間に合う業者5選。今日から出社したくない!
今日から出社したくない!そんな時に使える退職代行サービスを紹介します。当日の朝でも間に合う退職代行サービス業者はどれ?と悩んでいる人には必見の内容です。当日の朝に退職代行を依頼するときの注意点もまとめているので、参考にしてみてくださいね。

 

▼おすすめ転職サイトランキングはこちら▼

【2022年最新版】20代向け転職サイト・エージェントおすすめランキング【あなたにもぴったりのものが見つかる!】
20代におすすめの転職サービスをまとめてご紹介します。まだ社会人経験が浅くスキルも少ない20代にとっては、転職サービスを使った方が有利な転職ができます。ここで紹介するサービスは全て無料なので、使わない手はないですよ。

 

退職後の生活費が不安な方へ

退職後、条件に当てはまれば給付金を受け取れる可能性があります。

退職後のお金が不安な方や休養が必要な方は、こちらの記事をご覧ください。

 

【退職コンシェルジュ】最大28ヶ月分の給付金が受け取れるって本当?
退職コンシェルジュって何?最大28ヶ月分の給付金が受け取れるって本当?こんな疑問に分かりやすくお答えしています。給付金が長期間受け取れるかどうかで、退職後にしっかり療養できるかどうかが全く変わってきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事

【退職代行に関する記事まとめ】退職代行使って大丈夫?どれを選ぶ?
ここでは、「退職代行使って大丈夫?」「どれを選んだら良い?」など、退職代行に関する記事をまとめてみました。気になる記事を読んでみてくださいね。
【退職に関するお悩みまとめ】仕事辞めたい!辞めにくい!辞められない!?
退職に関するお悩みのまとめ記事です。「仕事辞めたい!」「辞めにくい!」「辞められない!?」こんなお悩みを解決する記事を集めてみました。
タイトルとURLをコピーしました