会社を1ヶ月で辞めるって言いづらい!上司への伝え方のポイントやタイミングを解説

退職の悩み

 

入社1ヶ月で辞めるのは、言いづらい…でも辞めたい!

まだ入社して1か月だけど、会社が自分に合わない…

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

 

何年働いていても、退職の意思を伝えるのってすごく緊張して言い出しづらいのに、入社1ヶ月で辞めるのは、その何倍も言い出しづらいですよね。

 

私も以前勤めていた会社で「辞めたいけどまだ1年も働いてないのに、辞めるなんて言えない…」と悩んだ過去があります。

 

この記事では、「会社を辞めたいけど1ヶ月で辞めるのは言いづらい…」

そんな悩みを抱えたあなたに、こんなことをお伝えします。

  • 退職の意思を上司に伝えるときのポイント
  • 退職を言い出す最適なタイミングとは?
  • どうしても伝えられないときの対処法

 

この記事を読むと、上司に退職の意思を伝えるときのタイミングやポイントがわかるので、退職に一歩近づけますよ。

カノン
カノン

ぜひ最後まで読んで、あなたのこれからに役立ててくださいね。

会社を1ヶ月で辞めるって言いづらい!上司への伝え方のポイントとは?

いくら「退職することは悪いことじゃない」と言っても、なかなか簡単には言い出しづらいですよね?

 

話す内容も決めずに勢いで頑張って伝えるのもありですが、あらかじめポイントを押さえてどう話すのか練習しておくことでスムーズにやり取りできますよ。

まずは、「辞める」と上司に伝えるときのポイントをお話していきます。

 

辞めたい意思をきっぱりと穏便に伝える

どうしても、「辞めたい」と伝えるのは言い出しづらくて、遠回しな表現に逃げてしまいたくなってしまいがちです。

カノン
カノン

はっきり伝えるのって、どうしても緊張してしまいますよね。

ですが、ここでは曖昧な表現は避けて、はっきりと「辞めます!」と伝えることが大切です。

 

具体的には、「突然で申し訳ないのですが、一身上の都合で退職させていただきたいです」このようにはっきりとかつ、丁寧な表現を心掛けるようにしましょう。

 

退職理由は「家庭の都合」や「体調」でOK

退職させていただきたい、と伝えると必ず次に聞かれるのは退職理由です。

聞かれないことはまずないでしょう。

退職理由は嘘ついちゃだめじゃない?

まじめなあなたは、こう思うかもしれません。

 

もちろん正直に伝えることも大切です。

でも、言いにくい場合もありますよね?

 

そんな時は、穏便にスムーズに退職することを1番に考えて、引き止められにくい理由を伝えることをおすすめします。

 

具体的な退職理由がこちら。

  • 家族の看病/介護のため
  • 自分自身の療養のため

 

などです。

退職理由は必ず聞かれるので、あらかじめ何と答えるか自分の中で話をまとめておくと緊張を少し抑えることができますよ。

 

感情に流されず淡々と伝えよう

「自分が退職することで、迷惑になるんじゃないか?」

辞めるときってどうしても周りに迷惑をかけてしまうんじゃないか、と不安になってしまいがちかと思います。

私もそうでした。

周りへの迷惑を考えてしまう気持ちも、大変よくわかります。

でも、ここでは感情に流され、ずしっかりと退職の意思を伝えるようにしましょう。

カノン
カノン

たった一度きりのあなたの人生です。

「自分ファースト」で考えても何も悪くないんですよ!

退職を言い出すタイミングはいつが最適?

朝一番?退勤時?

昼休み?仕事の合間?

退職についての話は、どのタイミングで、いつ言い出すのがベストなのか悩みますよね?

 

ここからは、退職を言い出すべきタイミングをお話していきます。

最適なタイミングで退職の意思を伝えるための参考にしてみてくださいね。

 

出勤してすぐに伝える

緊張すると仕事が手につかなくなってしまうタイプの人は、出勤してすぐ伝えることをおすすめします。

私はこのタイプです!

不安なことがあるとそればっかりを考えてしまって、他のことに身が入らなくなってしまうんです…

 

朝少し早めに行って、上司が出勤してきたら「おはようございます。今お話大丈夫ですか?」など声をかけ、他の人がいないところで伝えるようにしましょう。

 

カノン
カノン

朝に伝えてしまえば、残り一日スッキリとした気分で過ごせますね♪

 

上司と二人きりになるタイミングを狙う

これは職業によっては、「そんなタイミングないよ!」という職業もあるかもしれませんが、上司と二人きりになるタイミングを狙うのも一つの手です。

 

みんなが仕事をしている中、こそこそ上司のデスクに行って「別室で…」なんてしていたら、どんなに頑張っても注目されてひそひそされてしまいますからね。

 

目立つことが苦手な人は、自然に上司と二人きりになるタイミングを狙って退職の意思を伝えることをおすすめします。

カノン
カノン

二人きりになることで、スムーズに話を切り出すことができる♪

休憩中や終業後に少し時間を取ってもらう

就業時間中は忙しくて、そもそも人と話す時間がないよ!

そんなあなたは、休憩中や終業後に時間をとってもらうようにしましょう。

 

上司が忙しく、時間がもらえなさそうなときには、「ご相談したいことがあるため、明日の終業後10分ほど時間をいただけないでしょうか?」と事前に確認をしておくと良いですね。

 

どうしても伝えられない時の解決方法は?

退職の意思を伝えるのって、会社の雰囲気によって伝えやすさが全然違いますよね。

「どうしても伝えづらい!」「辞められそうにない・・・」そんなときの解決方法をお話していきます。

 

「話があります」とあらかじめ伝えておく

一気に退職の意思を伝えるのではなく、自分のやることを一つ一つ段階的に分けてクリアしていくことをおすすめします。

 

今は「退職の意思を伝える」という大きい目標を見上げて、どう乗り越えたらいいのかがわからず、「無理!」となってしまっているのだと思います。

ですので、その大きな目標を細かいタスクに分けて、”大きい壁”を”階段”に変えましょう

 

【例】

「退職の意思を伝える」

→大きすぎてどうクリアしていったらいいのか具体的ではない

  1. 退職理由を自分の中でまとめる
  2. 上司に話しかける良さげなタイミングを探す
  3. 「話があります」と伝えて、上司に時間を作ってもらう
  4. 退職の意思、退職理由を伝える

→具体的にすることで段階的に達成することができる

 

大きい目標は悪いことではないのですが、私は「わ〜目標大きすぎ~」「どうやったら乗り越えられるんじゃ!」といやになってしまうタイプの人間なので、やることをできるだけ細かくタスクに分けることをとてもおすすめします!

 

まず退職届を渡してしまう

「言葉で伝えるのが緊張しちゃって無理だ!」という人は、もう退職届を渡してしまいましょう。

 

退職届を渡すときに気を付けることは、自分が辞めたい日よりも1ヶ月以上前に渡すことです。

民法上では、2週間前となっていますが、穏便にトラブルなく会社を辞めたいと考えているのであれば、退職届は1ヶ月以上前に渡すことが望ましいです。

 

退職代行サービスを使う

いろいろ考えたけど、退職の意思を伝えるの無理!

そんなあなたには、退職代行サービスを使うことをおすすめします。

 

退職代行のメリットは以下の通りです。

  • 退職の意向を伝えなくて済むので、心理的負担が減る。
  • 職場の人と顔を合わせなくて済む。
  • 退職後にトラブルになることがない。

 

退職するのに職場の人と顔を合わせる必要がないので、かなり気持ちが楽になること間違いなしです。

 

「これ以上会社の人と関わりたくない!」と思っているのなら、精神的にも楽になるので、退職代行を検討してみましょう。

 

代行費用を払っても、職場とのやりとりなく、これ以上あなたが嫌な思いをせずに退職できるなら安いもの

退職代行サービスでは、有給を消化したいことや退職日まで出勤できないことも伝えてもらうことができます。

 

退職代行を利用したその日からもう出勤しなくて良くなるので、精神的に追い詰められている人にこそ使って欲しいサービスです

急な依頼でも、できる限り早く対応してもらえますよ。

 

退職代行サービスはたくさんあるので、口コミや実績を良く調べてあなたに合う退職代行サービスを利用してみてくださいね。

実績と信頼のあるおすすめの退職代行サービスは、こちらにまとめていますのでご覧ください↓

【2022年版】退職代行サービスおすすめ7選!弁護士・労働組合・老舗が人気
おすすめの退職代行サービスを、種類(弁護士、労働組合、一般企業)別にそれぞれ紹介しています。良いサービスの中から選びたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね。あなたにピッタリの退職代行サービス選びのお手伝いができたら嬉しいです。

 

▼おすすめの退職代行サービスはこちら▼

迷ったら人気ナンバー1の「退職代行SARABA」に無料相談!

1位退職代行SARABA

【人気ナンバー1!24000円で24時間対応】
有給消化・残業代請求も可!損害賠償請求にも対応

2位退職代行ガーディアン

【東京都労働委員会が認証する安心サービス】
労働組合法人があなたを守る!

3位退職代行ニコイチ

【累計2万人以上の圧倒的な成功実績!】

実績豊富で退職成功率100%!2万人以上の退職成功!

 

上記の退職代行サービスは、LINEで無料相談ができます。

相談だけで料金が発生することはないので安心ですよ。

 

LINEで繋がっておけばすぐに連絡が取れるようになるので、「いつでも辞められるんだ」と気が楽になります

カノン
カノン
気になることや質問は、LINEで気軽に聞いてみましょう♪

相談は無料です!

▼人気の退職代行「SARABA」に相談する▼

退職代行SARABA(公式サイト)>>

 

「退職代行SARABA」のサービス内容や利用の流れなど詳しいことは、こちらの記事をどうぞ↓

【調査】退職代SARABAの実績!メリットデメリット・弁護士との違いは?
退職代行SARABAのメリットとデメリットって? 弁護士とはどう違うの? SARABAは実績が多いって本当? SARABAを使うメリット・デメリットってなに? 弁護...

 

まとめ

この記事では、「会社を辞めたいけど1ヶ月で辞めるのは言いづらい…」と悩むあなたに、退職を伝えるポイントやタイミングをお伝えしました。

 

上司に退職の意思を伝えるときのポイントはこちら。

  • 辞めたい意思をきっぱりと穏便に伝える
  • 退職理由は「家庭の都合」や「体調」でOK
  • 感情に流されず淡々と伝える

 

退職の意思を伝えるときは、すごく緊張してしまうと思いますが、やらないといけないことを細かくタスク化して、順番にこなしていきましょう。

 

会社を1ヶ月で辞めるのは、負い目を感じてしまうかと思いますが、決して悪いことではないですよ。

自分の気持ちと相談して、前向きに考えてみてくださいね!

 

カノン
カノン

あなたのこれからを応援しています。

 

あわせて読みたい

カノン
カノン

あなたの小さな一歩をお手伝いするサービスをご紹介しました。

▼おすすめの退職代行サービスはこちら▼

【2022年版】退職代行サービスおすすめ7選!弁護士・労働組合・老舗が人気
おすすめの退職代行サービスを、種類(弁護士、労働組合、一般企業)別にそれぞれ紹介しています。良いサービスの中から選びたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね。あなたにピッタリの退職代行サービス選びのお手伝いができたら嬉しいです。

 

▼もう耐えられない!今すぐ辞めたい人はこちら▼

【退職代行】当日の朝でも間に合う業者5選。今日から出社したくない!
今日から出社したくない!そんな時に使える退職代行サービスを紹介します。当日の朝でも間に合う退職代行サービス業者はどれ?と悩んでいる人には必見の内容です。当日の朝に退職代行を依頼するときの注意点もまとめているので、参考にしてみてくださいね。

 

▼おすすめ転職サイトランキングはこちら▼

【2022年最新版】20代向け転職サイト・エージェントおすすめランキング【あなたにもぴったりのものが見つかる!】
20代におすすめの転職サービスをまとめてご紹介します。まだ社会人経験が浅くスキルも少ない20代にとっては、転職サービスを使った方が有利な転職ができます。ここで紹介するサービスは全て無料なので、使わない手はないですよ。

 

退職後の生活費が不安な方へ

退職後、条件に当てはまれば給付金を受け取れる可能性があります。

退職後のお金が不安な方や休養が必要な方は、こちらの記事をご覧ください。

 

【退職コンシェルジュ】最大28ヶ月分の給付金が受け取れるって本当?
退職コンシェルジュって何?最大28ヶ月分の給付金が受け取れるって本当?こんな疑問に分かりやすくお答えしています。給付金が長期間受け取れるかどうかで、退職後にしっかり療養できるかどうかが全く変わってきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事

【退職代行に関する記事まとめ】退職代行使って大丈夫?どれを選ぶ?
ここでは、「退職代行使って大丈夫?」「どれを選んだら良い?」など、退職代行に関する記事をまとめてみました。気になる記事を読んでみてくださいね。
【退職に関するお悩みまとめ】仕事辞めたい!辞めにくい!辞められない!?
退職に関するお悩みのまとめ記事です。「仕事辞めたい!」「辞めにくい!」「辞められない!?」こんなお悩みを解決する記事を集めてみました。
タイトルとURLをコピーしました