人手不足を理由に退職拒否される?止められたら辞められない?【あなたは必ず退職できる】

退職の悩み

 

人手不足を理由に退職拒否されたら辞められない?

引き止められないためにはどうしたらいい?

こんな疑問にお答えします。

 

  • 退職の意思を伝えても、「待ってほしい!」と言われたら、どうしよう…
  • 自分が辞めたら代わりの人がいないから、辞められないかな…

そんな風に感じていませんか?

 

人手不足の職場では、「辞めたいのにすんなり辞められないかもしれない!」と不安になりますよね。

私も以前働いていた職場を退職する際、同じことに悩んだので気持ちがわかります。

 

「退職拒否されるかも…」

と思うとなかなか言い出せず、それだけでストレスを感じます。

 

ですが、安心してください。

あなたは退職できます!

 

この記事では、こんなことをお伝えします。

  • 人手不足を理由に退職拒否されたら退職できない?
  • 引き止められないための3つのポイントとは?
  • 退職を伝える勇気が出ない時の対処法

 

この記事を読むことで、人手不足の職場を辞めにくい時の対処方法がわかるので、あなたの気持ちも楽になりますよ。

カノン
カノン

ぜひ参考にしてみてくださいね。

人手不足を理由に退職拒否される?止められたら辞められない?

まずは、人手不足を理由に退職拒否されたら辞められないのか?について解説していきます。

 

退職は個人の自由!会社に引き止める権利はない

そもそも退職というのは、労働者に認められた権利です。

会社に引き止められる筋合いはないのです。

 

人手不足をなんとかするのは会社側の責任

私が辞めたら人手不足になって、迷惑かけちゃうかも…?

そんな風に思っていませんか?

 

あなたが職場を想う気持ちは、とても素晴らしいです。

ですが、自分が辞めたあとの職場のことまで考えることはありませんよ。

 

人手不足をどう解決するかは、会社側がなんとかするべき問題ですからね。

カノン
カノン

あなたがそこまで悩むことはないんですよ。

民法上は退職を伝えてから2週間で退職可能

民法627条1項では、このような記載があります。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。

この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

 

就業規則で「退職の申し出は〇ヶ月前までにする」などの決まりがある場合。

基本的には民法が優先になりますが、会社からの引き止めの材料にならないためにも、就業規則に合わせて申し出ることをオススメします。

私の以前勤めていた会社は、就業規則で「退職の申し出は2ヶ月前までにする」となっていました。

なので、私も2ヶ月前を目安に上司に申し出ました。

そのおかげか、上司はすんなりと話を聴いてくれましたよ。

 

引き止められないために注意したい3つのポイント

ここからは、会社から引き止めにあわないためのポイントをお伝えします。

 

引き止められたら、なんて言えばいいの?

引き止めを断ったら、嫌な顔されるかも…

退職はしたいけど、もし引き止めにあったら、それ以上「辞めたい」と言いづらくなりますよね。

 

あなたの退職の申し出をサラリと受け入れてもらえるよう、こちらのポイントを参考にしてみてくださいね。

 

できるだけ早い時期に伝える

上司に「退職したい」と話すのが気まずい・・・

確かに、退職の申し出をするのは緊張しますよね。

 

ですが、気持ちが固まったのであれば、早めに伝えましょう。

 

会社側も人手を補充したり、あなたの仕事の後任を決めたり、引継ぎをしたり…

あまりギリギリだと、何かと慌ただしくなってしまいますよね。

 

また、民法では2週間で辞めることが認められています。

ですが、退職日の1ヶ月ほど前には退職を申し出るのがビジネス上のマナーです。

社会人として、心得ておきましょう。

 

それに、早めに退職を伝えることで、早くに退職日も明確になるというメリットもあります

 

そのため、あなたも転職活動の際に「〇月〇日から働けます」などと新しい会社に伝えることができ、転職活動がしやすくなりますよ。

 

なるべく繁忙期を避ける

退職日は、できるだけ繁忙期を避けた日程にしましょう。

 

退職日ギリギリまで大きな仕事を抱え、下手すると有給消化もままならない…

なんて、困りますよね?

 

それに、周りも忙しい状況だとどうしても職場自体がピリピリしがち。

そんな中で「退職したいです」とはなかなか言い出しにくいですよね?

 

なので、会社の仕事の進行状況なども踏まえて、退職日を決めましょう。

 

どうしても辞める必要があるとキッパリ伝える

引き止められた場合、今までお世話になっていたこともあってなかなか断りづらいですよね。

 

ですが、退職したい理由をキチンと伝えましょう。

その際、会社への感謝も伝えると好印象ですよ。

 

私は退職の申し出をした際、こんな感じで伝えました。

 

  • 会社には大変、感謝していること
  • その上で退職したいこと
  • 次は違った職種にチャレンジしたいこと

以上のことを中心に、上司に直接話しましたよ。

 

上司は「そういうことなら、応援する!」と、背中を押してくれました。

 

退職拒否されそうで怖い!伝える勇気が出ない時の対処法

ここからは、「退職拒否されそう!」と怖い時や、退職を伝える勇気が出ない時の対処法をご紹介します。

上司を前にすると緊張して、上手く話せない

退職を拒否されそうで、言い出すのがコワイ…

 

会社を辞めると言うのは、なぜか会社に悪いことをする気分になり、心苦しく感じますよね?

申し訳ない気持ちを抱えて話をするのは、とても負担に感じます…。

 

これから紹介する対処法で、あなたの負担を軽くできると思いますよ。

 

退職届を渡してしまう

そもそも話すのが苦手で、緊張する!

という方は、なかなか話を切り出すことができずに時間ばかりがすぎてしまうことも。

そんな時は、先に退職届を用意して話の場で渡してしまいましょう。

 

「実は…」

と言いながら退職届を渡せば、上司も現状が把握できます。

 

カノン
カノン

この段階で退職届を用意しておくと、あなたの退職に対しての本気度が伝わると思いますよ。

 

内容証明郵便で退職届を送る

「内容証明郵便」という郵送方法で退職届を送る方法もあります。

 

内容証明郵便って?

いつ、いかなる内容の文書を誰から誰あてに差し出されたかということを、差出人が作成した謄本によって当社が証明する制度です。

 

カノン
カノン

要は“いつ、誰が、誰宛に、どのような内容の郵便を送ったのか”を公的に証明するサービスのこと♪

 

きちんと送った証拠が残るので、会社との間で

「そんな郵便、受け取っていない!」

というトラブルも防ぐことができますよ。

 

退職代行サービスを利用する

退職代行サービスとは、代行業者があなたの退職の意思を会社へ伝えてくれるサービスです。

 

カノン
カノン

退職代行のメリットは以下の通りです。

  • 退職の意向を伝えなくて済むので、心理的負担が減る。
  • 職場の人と顔を合わせなくて済む。
  • 退職の連絡を入れてもらった時点から出勤しなくていい

 

退職するのに職場の人と顔を合わせる必要がないので、かなり気持ちが楽になること間違いなしです。

 

「絶対に引き止められずに辞めたい!」「気まずい空気には耐えられない」と思っているのなら、精神的にも楽になるので、退職代行を検討してみましょう。

 

代行費用を払っても、職場とのやりとりなく退職できるなら安いもの

退職代行サービスでは、有給を消化したいことや退職日まで出勤できないことも伝えてもらうことができます。

 

退職代行を利用したその日からもう出勤しなくて良くなるので、精神的に追い詰められている人にこそ使って欲しいサービスです

急な依頼でも、できる限り早く対応してもらえますよ。

実績と信頼のあるおすすめの退職代行サービスは、こちらにまとめていますのでご覧ください↓

【保存版】退職代行サービスおすすめ7選!弁護士・労働組合・老舗が人気
おすすめの退職代行サービスを、種類(弁護士、労働組合、一般企業)別にそれぞれ紹介しています。良いサービスの中から選びたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね。あなたにピッタリの退職代行サービス選びのお手伝いができたら嬉しいです。

 

▼おすすめの退職代行サービスはこちら▼

迷ったら人気ナンバー1の「退職代行SARABA」に無料相談!

1位退職代行SARABA

【人気ナンバー1!24000円で24時間対応】
有給消化・残業代請求も可!損害賠償請求にも対応

2位退職代行ガーディアン

【東京都労働委員会が認証する安心サービス】
労働組合法人があなたを守る!

3位退職代行ニコイチ

【累計2万人以上の圧倒的な成功実績!】

実績豊富で退職成功率100%!2万人以上の退職成功!

 

上記の退職代行サービスは、LINEで無料相談ができます。

相談だけで料金が発生することはないので安心ですよ。

LINEで繋がっておけばすぐに連絡が取れるようになるので、「いつでも辞められるんだ」と気が楽になります

カノン
カノン
気になることや質問は、LINEで気軽に聞いてみましょう♪

相談は無料です!

 

▼人気の退職代行「ガーディアン」に相談する▼

 

「退職代行ガーディアン」のサービス内容や利用の流れなど詳しいことは、こちらの記事をどうぞ↓

退職代行ガーディアンの特徴。利用の流れ・対応時間は?【弁護士との違い】
退職代行ガーディアンの特徴と利用の流れを解説します。退職代行には、弁護士、組合、一般企業のものがあるけど、どう違うの?ガーディアンの特徴は何?という疑問にわかりやすくお答えしています。信頼できる退職代行の選び方を知りたい人は必見です。

 

まとめ

この記事では、「人手不足を理由に退職拒否されたら辞められない?」という疑問にお答えしました。

カノン
カノン

職場が人手不足でも、あなたは職場を辞められます!

☆会社から引き止めにあわないための3つのポイント

  • できるだけ早い時期に伝える
  • なるべく繁忙期を避ける
  • どうしても辞める必要があるとキッパリ伝える
カノン
カノン

このポイントを押さえておくことで、円満な退職へつなげられますよ。

 

「引き止められそうで怖い!」

「退職を伝えるのが気まずい」という時の対処法はこちら。

☆退職を言い出せない時の対処法

  • 退職届を渡してしまう
  • 内容証明郵便で退職届を送る
  • 退職代行サービスを利用する
カノン
カノン

こちらの方法で、あなたの負担を軽くできますよ。

この記事が、あなたの一歩踏み出す勇気につながると嬉しいです。

あわせて読みたい

カノン
カノン

あなたの小さな一歩をお手伝いするサービスをご紹介しました。

▼おすすめの退職代行サービスはこちら▼

【保存版】退職代行サービスおすすめ7選!弁護士・労働組合・老舗が人気
おすすめの退職代行サービスを、種類(弁護士、労働組合、一般企業)別にそれぞれ紹介しています。良いサービスの中から選びたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね。あなたにピッタリの退職代行サービス選びのお手伝いができたら嬉しいです。

 

▼もう耐えられない!今すぐ辞めたい人はこちら▼

【退職代行】当日の朝でも間に合う業者5選。今日から出社したくない!
今日から出社したくない!そんな時に使える退職代行サービスを紹介します。当日の朝でも間に合う退職代行サービス業者はどれ?と悩んでいる人には必見の内容です。当日の朝に退職代行を依頼するときの注意点もまとめているので、参考にしてみてくださいね。

 

▼おすすめ転職サイトランキングはこちら▼

【2022年最新版】20代向け転職サイト・エージェントおすすめランキング【あなたにもぴったりのものが見つかる!】
20代におすすめの転職サービスをまとめてご紹介します。まだ社会人経験が浅くスキルも少ない20代にとっては、転職サービスを使った方が有利な転職ができます。ここで紹介するサービスは全て無料なので、使わない手はないですよ。

 

退職後の生活費が不安な方へ

退職後、条件に当てはまれば給付金を受け取れる可能性があります。

退職後のお金が不安な方や休養が必要な方は、こちらの記事をご覧ください。

 

【退職コンシェルジュ】最大28ヶ月分の給付金が受け取れるって本当?
退職コンシェルジュって何?最大28ヶ月分の給付金が受け取れるって本当?こんな疑問に分かりやすくお答えしています。給付金が長期間受け取れるかどうかで、退職後にしっかり療養できるかどうかが全く変わってきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事

【退職代行に関する記事まとめ】退職代行使って大丈夫?どれを選ぶ?
ここでは、「退職代行使って大丈夫?」「どれを選んだら良い?」など、退職代行に関する記事をまとめてみました。気になる記事を読んでみてくださいね。
【退職に関するお悩みまとめ】仕事辞めたい!辞めにくい!辞められない!?
退職に関するお悩みのまとめ記事です。「仕事辞めたい!」「辞めにくい!」「辞められない!?」こんなお悩みを解決する記事を集めてみました。
タイトルとURLをコピーしました