仕事量が多すぎて辛い!辞めたい!キャパオーバーに悩むあなたへ

仕事の悩み

仕事量多すぎ!辞めたい!

  • 仕事量が多すぎてストレスや疲労がヤバイ
  • キャパオーバーだと感じる
  • 仕事が回らずミスを連発してしまう
  • 上司に怒られて気持ちが沈む

 

あなたは、業務量が多すぎることが原因で疲れてしまって、仕事を辞めたい!と感じていませんか?

キャパオーバーになるほどの仕事量だと、疲れやストレスが溜まる一方。

 

カノン
カノン

過重な負担がかかっている状態なので、辛いですよね。

ここでは、そんなあなたの現状を変えて今の辛さから脱出する方法をお伝えします。

 

仕事量が多すぎで仕事辞めたいってアリ?

 

仕事量が多すぎるから仕事辞めたいけど・・そんな理由で辞めて良いの?

とか思うかもしれませんが、あなたが辛いなた辞めて良いです。

 

あなたを守れるのはあなただけです。

誰にも止める権利はありません。

 

ということで、あなたが今の状態のままだと危険な理由と、辛さから抜け出すための対処法をこの後お伝えしていきますね。

 

【危険!】過労は確実に心身に影響を及ぼす

仕事の量が多いだけだったらまだ良いんですが、業務量が多すぎるせいで長時間残業や休日出勤が続いている場合は危険です。

 

カノン
カノン

長時間労働による心身への影響は、想像以上に大きいものです。

今あなたが「まだ大丈夫かも」と感じていたとしても、体や心はすでに悲鳴を上げているかもしれません。

もう限界がそこまできているかもしれないんです。

 

一度体や心を壊してしまったら、簡単には元に戻りません。もしかしたらずっと戻らない可能性だってあるんです。

それくらい深刻な問題なんですよね。

 

でもその時、あなたの上司や同僚や職場が、責任を取ってくれることはありません。

それってすごく怖いし、もしそうなったら悔しくないですか?

 

うちの夫も、パワハラや不規則な生活でうつになり、2年間の休養が必要になりました。

休職してから職場に籍を置いておけたのは1年半だけ。

 

それまで10年くらい働いてきたのに、働けなくなったら簡単に捨てられるんです。

 

悲しいけれど、会社なんてそんなものなんです。

 

あなたの人生丸ごと面倒見てくれるわけではありません。

だからあなたも、仕事や会社に人生や命をかける必要は全くないんです。

 

ヤバイと思ったら逃げる。

自分を守る行動に出る。

その一歩を早く踏み出すことが何より大事なんです。

 

現状を甘く見ず、今の状況を変えるための行動を早めに起こすようにしましょう。

ということで、どう行動したら良いのか?を次の章から解説していきますね。

 

上司に率直に相談する

仕事量が多く疲労がたまり体調を崩していること、そのせいでミスも増えてしまうことなど、あなたの状況を率直に話してみてください。

 

上司に話すのが一番良いですが、難しい場合はまずは同僚にでも良いので相談してみることをおすすめします。

体に症状が出ていること、このままでは働き続けられないことを必死で伝えたら、状況が変わる可能性があります。

辞めたい気持ちが大きいなら、退職を考えていることも話してみても良いですね。

仕事の分配などを考えてもらえたり、あなたの体調に配慮してもらうことができれば、辞めずに働き続けることも可能になってきます。

 

もし業務量の多さを訴えても改善されない場合、異動を願い出る方法もあります。

体調を崩してしまうほど疲労が溜まっていることを伝え、配置転換してもらえないか相談してみるのも一つの手です。

休職する

すでに体調に異変が起きている場合は、このまま頑張り続けるのは危険です。

休職することも検討してみましょう。

  • 動悸が頻繁に起こる
  • 憂鬱な気分が続く
  • 夜眠れない
  • 無気力状態が続く

など心身に症状が出ている場合は要注意です。

 

心身を休める必要があるので、職場に休職制度があるのか?あなたが休職制度を使える条件に当てはまっているのか?など確認してみましょう。

 

転職する

色々試してみても、もう今の職場で働くのは難しいと判断したら、転職もありです。

今の職場が全てではないので、こだわる必要はありません。

環境を変えることで業務内容や業務量、人間関係などが一気に変わるので、状況が良くなる可能性がありますよね。

 

 

退職して休養する

もし、精神状態が悪くてすぐには動けないなら、いったん退職してじっくり休養し、それから仕事を探す方法もあります。

 

あなたを守れるのはあなたしかいません。

 

 引き継ぎが気になったり、会社や同僚に申し訳ない・・・という気持ちもあるかもしれないけれど、そんなのは何とかなるもの。

後のことは会社がなんとかすべき問題なので、あなたが気にする必要はありません。

 

カノン
カノン

今は同僚や職場のことより、あなた自身のことを一番に考えてあげてくださいね。

 

もしここで心身の健康を損なってしまうと、回復にかなりの時間がかかることになってしまいます。

まずは健康状態を整えた上で新たな道に進むのも選択肢の一つですよ。

 

もし自分で退職を言い出せない、言いにくいという場合は、無理に自分で伝える必要はないですよ。

退職代行は、あなたの辞めるという意思を伝えてくれるサービス。

 

あなたは、二度と会社に行くことなく、上司と話すこともなく退職することが可能です。

カノン
カノン

辞めると伝えたことで怒られたり、引き止められたりといった面倒なことを全て回避できます。

もう自分で伝える気力が残っていないという場合は、利用してみるのもありですよ。

 

退職代行サービスについて詳しくはこちら↓

【保存版】退職代行サービスおすすめ7選!弁護士・労働組合・老舗が人気
おすすめの退職代行サービスを、種類(弁護士、労働組合、一般企業)別にそれぞれ紹介しています。良いサービスの中から選びたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね。あなたにピッタリの退職代行サービス選びのお手伝いができたら嬉しいです。

 

退職後の生活が不安なあなたへ

仕事を辞めることにはお金の不安もあると思います。

でも、失業中は失業保険だけでなく、条件に当てはまれば給付金(傷病手当金)を受け取りながら休養することもできます。

 

給付金と失業保険で最大28ヶ月分受け取れる可能性もあり、そうなると長期の休養が可能になるんです。

休養が必要な場合は受給を検討してみてくださいね。

 

カノン
カノン

給付金は手続きが煩雑なんですが、サポートしてもらえるサービスもありますよ。

給付金やサポートについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください↓

【退職コンシェルジュ】最大28ヶ月分の給付金が受け取れるって本当?
退職コンシェルジュって何?最大28ヶ月分の給付金が受け取れるって本当?こんな疑問に分かりやすくお答えしています。給付金が長期間受け取れるかどうかで、退職後にしっかり療養できるかどうかが全く変わってきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

ここでは、仕事量が多すぎて辞めたい!と思った時の対処法をお伝えしました。

 

今は辛くても、状況が変わることが決まればとても気が楽になります。

カノン
カノン

あなたの心や体を守るために、勇気を出して一歩踏み出しましょう。

 

あわせて読みたい

▼退職代行サービスについて詳しくはこちら↓▼

【保存版】退職代行サービスおすすめ7選!弁護士・労働組合・老舗が人気
おすすめの退職代行サービスを、種類(弁護士、労働組合、一般企業)別にそれぞれ紹介しています。良いサービスの中から選びたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね。あなたにピッタリの退職代行サービス選びのお手伝いができたら嬉しいです。

 

▼給付金やサポートについて詳しくはこちら↓▼

【退職コンシェルジュ】最大28ヶ月分の給付金が受け取れるって本当?
退職コンシェルジュって何?最大28ヶ月分の給付金が受け取れるって本当?こんな疑問に分かりやすくお答えしています。給付金が長期間受け取れるかどうかで、退職後にしっかり療養できるかどうかが全く変わってきます。ぜひ参考にしてみてください。
タイトルとURLをコピーしました